時間を無駄にしたくいなら絶対にするべき【インプットの極意】

ノウハウ

 

こんにちは!
れいるです。

 

 

以前の記事で
インプットはアウトプット前提でする!
と、お伝えしましたね。

 

 

実はそれ以外にも
超重要で絶対にしなければならない
事があるのです。

 

 

それをしなければ、
1週間かけて読書した内容も
無駄になり

 

 

勉強した、という自己満足のみで
結局、何も進んでない
という悲しい結果になります。

 

 

なぜなら
人間は1週間で9割以上の事を
忘れてしまう生き物です。

 

 

目的がなくインプットしたものは
記憶に残らないようになっています。

 

 

インプットされないから、
時間を置くと忘れて行動もしない。

 

 

いつか独立したいと言いながら会社員を辞めれずに、
現状の不満ばかり言う周囲と一緒に
グチり大会を開催。

 

 

育児の隙間をぬってビジネス書を読んで
勉強しても、行動に繋がらず
結局稼ぐこともできない。

 

 

朝の支度や子供にご飯を食べさせながら
時間に追われて出勤し
いつもギリギリに出勤。

 

 

残業や委員会や研修で
児童館や保育園は
いつも最後のお迎え。

 

 

帰ったら座る時間もないまま
ご飯作って食べて、子供と一緒にいる時間は
ほんの少しだけ

 

 

こどもがディズニーランドに行きたいと
言っても「また今度ね」
と、ごまかす日々。

 

 

忙しいと言い訳しながら
あっという間に
何年もたち

 

 

子どもが巣立って、あなたが一人になってから
もっと一緒に居ればよかった
もっと子どもとの人生楽しめば良かった

 

そんな風に
心にすき間風が通ったように
寂しくなる。

 

 

そんな将来は嫌ですよね。

 

 

このインプットの極意を知れば
あなたが頑張ってインプットした知識は
確実に頭に刷り込まれ

 

 

忘れることなく
次の行動に移していけるでしょう。

 

 

行動に移せたらあとは進むだけ。
すでに多くの知識をインプットしたあなたは
ぐんぐんと成長し

 

 

ビジネスでも自主性をもって行動できるので
確実に自立して稼いでいけるでしょう。

 

 

そうなれば、

 

 

我慢ばかりの生活とはサヨナラし
こどもと余裕のある暮らし。

 

 

毎日朝にあったかいご飯を作って
落ち着いた気持ちで「行ってらっしゃい」
言える。

 

 

平日に習い事やランチをし
子どもの帰りをゆっくり待ち
「おかえり」と言ってあげられる。

 

 

食洗器や自動乾燥機付きの洗濯機で
家事なんか気にせずに
めいっぱい遊び笑顔の休日。

 

 

そんな余裕のある
子どもとの時間を過ごせるのです。

 

 

インプットの極意を知り
確実にあなたの成長につなげていきましょう。

 

 

それでは本題です。

 

 

知らないと無駄になる!インプットの極意とは

 

直球でお伝えします。

 

 

インプットの前に必ず必要なのは
なぜ、今その知識を学ぶのか
目的を明確にもつ

 

 

それさえあれば、
9割忘れるような
疲れるだけの無駄な時間を過ごすことはありません。

 

 

なんとなく、入門編
なんとなくマーケティング
なんとなくコピーライティング…

 

 

目的意識もなく勉強しようとしていませんか。

 

 

人は目的があるから
そこ向かって頑張ります。
これはインプットでも同じ。

 

 

 

例えば、

 

看護学生1年生が
血管のことや患者さんの気持ちの勉強もせずに
「やっぱ看護師と言ったらコレだよね」

 

 

と、いきなり注射の仕方や
点滴の混ぜ方なんて練習しても
うわべの作業だけで、安全な看護にはならないのです。

 

 

 

ビジネスも一緒で
そもそも、ビジネスって何か
お客さんを集めることって何か

 

それもわからないうちに

 

コピーライティングだ!
商品づくりだ!
マーケティングだ!

 

 

と勉強しても上手くいきません。

 

 

なぜ、今やるのか
何のためにそれを学ぶのか
勉強してどう行動したいのか

 

 

目的を明確にして
インプットしていきましょう。

 

 

 

あなたがこどもと過ごす時間
休息の時間
大切な睡眠時間

 

無題しないように
大切に使っていきましょう

 

 

あなたが確実に一歩を踏み出し
イキイキと進んでいけるよに
願っています。

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました