いつやるか悩んでしまう人へ!挑戦を先送りにしない3箇条

生き方

こんにちは!
れいるです。

 

みなさんは、ビジネス挑戦する時に
年齢って気にしましたか?

 

よく、
今からじゃ遅いんじゃないの?

 

そんな言葉を聞きます。

 

 

今、ドキッとした方は
この記事をぜひ読んでください。

 

 

3分後にはそんな悩みはキレイに
か解決しています。

 

 

早速本題に入ります。

 

人生ってそもそも何年なのか

 

今は人生100年時代です。

 

 

これを聞いて、長いなあ!!
そう思った方、
たくさんいるはず。

 

 

でもね、ちょっとよく考えてみましょう。

 

 

多くの人は18歳あたりまで
勉強してますよね。
そこから、社会に出て

 

 

いよいよ、
これからが自分の人生楽しむぞ!
そんな段階になるわけです。

 

 

でも100年って言ったって
元気な身体で動けてる時間って
何歳まででしょうか。

 

 

健康寿命って言うんですけど
これがだいたい75歳

 

 

看護師して患者さん見てると
やっぱ病気もするし
ケガもするし

 

 

アクティブに動ける時間って
100歳まではありません。

 

 

じゃあ、アクティブに動けるのは
57年だとして半分くらいに減りました。

 

 

その時間もどう過ごすかが大切です。

 

 

 

この時間を、通帳を眺めて
お金が増えてないか何度も確認し
夜中不安で夜更かし

 

自分の服は着たいものより安いもので選び
結局、子どもの買い物をしたら
「去年のあるからいいか」と同じ服

 

 

こどもたちのやりたいを
「ママのお家はパパがいないから難しい」と
諦めさせる

 

 

毎日同じ職場に行き
職場の愚痴や将来の不安を言うスタッフと
頑張っても業務が増えていく会社で疲弊する

 

 

そんな、生活のままで
居たくないですよね。

 

 

だからこそ、残りの時間を
めいっぱい楽しむことが大切です。

 

 

 

「今が一番若い日」です

私がドラムをやり始めたのが20歳

 

 

昔は、
音楽の授業は大っ嫌いでした。
音程が全く分からないのです。

 

 

小さなころから音楽していれば
絶対音感もついたかもしれないし
音楽だって「2」じゃなく「5」とれたかも

 

 

音程がなさそうなドラムも
実際は関係ある。
でも、やりたいと思ったからやっただけ。

 

 

音楽の世界も年齢なんて関係ありません。
年とっても活躍してる人は行動してるだけ。

 

 

ビジネスに挑戦したのは33歳の時
周囲を見たら、20代の人がほとんどでした
子持ちの人なんか1割いるかいないかでした。

 

 

でも私は30代だから無理だろうなと
なんて、そんなこと考えなかった。
やりたいと思ったから挑戦したのです。

 

 

それでも気にしちゃいますよね。

 

 

実は私は20歳まで面倒なことは先送り
挑戦なんてめんどうで疲れる
何もやりたいこともない

 

 

そんなTVを見るだけ
ダラダラした人生でした。

 

 

実家にいて
周囲の事はばあちゃんがしてくれたので
何も困らなかったし

 

 

頑張りたくもない
何かあると言い訳ばかり
必ず人や環境のせいにする。

 

 

もう性格最悪です。
恥ずかしいです。

 

 

そんな後悔もあり、まだ35歳ですが
生死にも寄り添う看護師の経験を含め
思います。

 

 

年齢なんて気にせず
なんでも挑戦しよう!

 

 

実際に、死を待つ人に聞いたアンケートでは
9割の人が
もっと挑戦すればよかったと後悔しているのです。

 

 

学生の時は時間があってもお金がないから
できない

 

社会人になったらキャリアップに忙しく
残業や付き合いで疲弊し、できない

 

 

30代40代になると家庭をもち
子どもができたら
仕事と育児の両立で忙しく、できない

 

 

50代になると体のあちこちが痛くなり
体力も記憶力も落ち
おまけに親の介護もあって、できない

 

 

じゃあ、いつやるの?

 

 

わかりますよね。

 

気付いた「今」しかないのです。

 

 

未来のあなたから見たら、
今のこの時が1番若いのです。

 

 

なんでかいつも不安な理由

できないと思っているのは誰でしょう。
自分や周囲の人でしょうか。

 

やった人ならまだしも、やったことのない人が
やろうとしてる人を否定するのは
単純におかしな話ですよね。

 

 

そんな周りに流されてるうちに
私の10代のように
なんでも人や環境のせいにして時間が過ぎます。

 

 

あなたの不安やあなたの恐れが
なんでずっと付きまとうのか知ってますか?

 

 

それは、
ずっと同じところにいて行動しないから。

 

 

10代の私に言いたいのですが
「なにか面白いことないかな」
「人生ってずっとこんな感じなのかな」

 

 

そんなふうに、変えようとしないのに
変わることを望むって変だよ。
って。

 

 

私は、30歳で離婚してお金も時間も足りない
理想の育児ができない
自分のやりたいコトができない

 

 

そう思って変わること、
挑戦することを望みました。

 

 

自分の人生だから
誰かが勝手にけてくれはしない。
変えるのは自分だから。

 

 

挑戦するのは恥ずかしくなんてない

 

「薩摩の教え」を紹介します
これは男の順序とされてましたが、
私を含めみんなに言えるはず。

 

 

薩摩の教え

  1. 何かに挑戦し、成功した者
  2. 何かに挑戦し、失敗した者
  3. 自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
  4. 何もしなかった者
  5. 何もせず、批判だけしている者

 

挑戦するだけで2位になれるのです。

 

 

でも、やっぱり1位になりたい。

 

 

ケンタッキー・フライド・チキンの
カーネルサンダースが65歳で起業する前は
40種以上の仕事を転々としました。

 

 

いつも、年齢なんて関係なく挑戦する
行動した人が理想の未来にいけるだけ
なんですよね。

 

 

子どもの成長をそばで見て
一緒にバカみたいに喜んで
うざったいほど応援する

 

週末はリッチに回らないお寿司
焼き肉にブュッフェ
もりもり食べて笑顔いっぱい。

 

 

月1回は旅行に行き、
世の中の新しい事を親子で
なんでも挑戦してめいっぱい遊ぶ

 

 

子どもたちは自己肯定感アゲアゲで育ち
なんでも挑戦するように
しかも「ママかっこいい!」と尊敬の眼差し…

 

 

そんなイキイキした人生
にしていきたいですよね。

 

 

 

挑戦するための3箇条

まとめます!

 

挑戦するための3箇条

人生は楽しむもの

決意した時が始め時

年齢は関係ない

 

 

ワクワクして笑顔いっぱいの人生にすること。
自分の気持ちに素直になること。

 

 

こどもたちの時間大切にし
ママの頑張る姿を
見せていきたいですよね。

 

 

 

あなたが1歩踏み出し
挑戦する人生にできるように
心から願っています。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました